絵をいっぱい描きました

私が五歳の時に、両親が今の家を建てました。当時私はまだまだ小さかったので、ただ単純に新しい家に引っ越す事が嬉しかったのです。そして新築の家なのに、自分の部屋にはいっぱいの絵を描きました。それは落書きと言ってもいいかもしれません。
私は大好きなネコや、当時好きだったアニメのキャラクターをいっぱい描いたのです。そしてよく母に見つかって怒られていました。それもそうです。新築の家の壁やドアにペンで絵を描いていたのですから。怒るのも無理はありません。
私が今娘に新築した家に、そんな落書きをされたらとても腹が立つでしょう。でもその時の私は、新しい壁やドアに描く事がとても楽しくて仕方がなかったのです。そしてそれは今でも残っているのです。しっかりと残っているのです。
その部屋を今は娘が使っています。あの時の私と同じ年の娘が使っているのです。この絵を私が描いたと知ったら、娘は一体どう思うでしょう。その時の顔が見てみたいです。