部屋の中が静かなことも気にいっています

日本のような四季があり、また近年異常気象ともいえる暑さ、寒さの差が大きい国、場所にとっては家づくりにおける断熱性が前にも増して重要になってきています。

断熱とは平たく言ってしまえば「夏涼しく、冬暖かい」家づくりを実現するという事です。

断熱にはいくつか種類があります。

家全体の断熱、開口部分そのものの断熱、開口部分の日射の断熱などです。

家全体の断熱は床、壁、天井などに断熱材を施し、躯体からの熱移動を少なくする方法です。

これにより、夏は外からの熱を防ぎ、冬は内部の熱を蓄えることが出来ます。

開口そのものの断熱とはドアや窓などの断熱です。

断熱材の断熱が期待できないこういった開口部分では、躯体より約10倍も熱を通しやすく、このためその隙間などをなくす機密施工などで断熱効果を高めます。

また、開口部分、とくに窓の日射なども夏場では馬鹿にできず、日射による熱の侵入をブラインドやカーテン、あるいは遮熱ガラスなどで防ぐことも断熱性を高めます。

このような大小さまざまな断熱対策は、自分や家族が健康的な生活を送ることの一助にもなりますが、長期的に見ればエアコンの電気代などの節電にもつながり、経済的にも有効的な方法です。

ですので、断熱対策に取り組むのは、大きな意味があります。

私は断熱住宅にしたことで、気温について過ごしやすいことはもちろんのこと、その他のことでもたくさんのメリットがあると思っています。

その一つに、外気の音を遮断してもらうことが出来るということです。

以前の自宅では、外気の音がうるさく、勉強をすることができない、仕事に家事に、集中をすることができないと思うことがありました。

その点、この断熱住宅にしてからは、本当に家の中が静かであると感じることができるのです。

このことは、自宅で仕事をしている主人も感じていたことです。

自宅でいると、自動車の音などがストレスとなることがあったのですが、その音が気にならないようになっているのです。

また、夜間に仕事をして昼間に寝ている主人にとっては、昼間に音に悩まされることなく、寝ることができるので、健康面でも助かっていると思っているようです。

そのため、家族全員が静かな環境で過ごすことができ、プライベート空間であると感じることができています。

<特別サポート>英語上達の秘訣|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|ページランク ランキング|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|超SEO対策|FXシストレ|貯蓄|内職|